1. >
  2. > 2021年度入試 大学入学者選抜について

更新日:2019年2月7日

2021年度入試 大学入学者選抜について

2019年1月30日

流通科学大学では、学力の3要素を多面的・総合的に評価するため、2021年度入試の大学入学者選抜において、以下のとおり変更を予定しております。
今後、この方針に基づく、具体的な選抜方法等を策定し、2019年 3 月末頃に本学のウェブサイトで公表する予定です。

1.全入試制度共通事項

(1)【学力の3要素の評価】

入試区分の特徴に応じて、学力の3要素(※)を評価又は参考にいたします。

※学力の 3 要素

  1. 知識・技能
  2. 思考力・判断力・表現力
  3. 主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度

(2)【調査書等の活用】

入試区分の特徴に応じて、「調査書」「志願者本人が記載する書類(名称未定)」等の活用を検討しています。

2.入試区分の変更(予定)

  1. AO入試・プレゼンテーション入試・クラブ推薦入試 ⇒ 総合型選抜
  2. 推薦入試(指定校推薦入試・公募推薦入試・商業系等資格特別推薦入試等)⇒ 学校推薦型選抜
  3. 一般入試・大学入学共通テスト利用型入試 ⇒ 一般選抜

上記の他に、外国人留学生入試、社会人入試、帰国生徒入試、編入学試験を行ないます。

3.総合型選抜・学校推薦型選抜に係る変更点

総合型選抜及び学校推薦型選抜においては、基礎的な「知識・技能」及びそれらを活用した「思考力・判断力・表現力」を適切に評価する選考方法として、小論文、プレゼンテーション、口頭試問などを実施、検討します。

4.一般選抜に係る変更点

  1. 一般選抜では、本学独自に実施する個別学力試験(教科・科目に係るテスト)を課します。マークシート方式の問題に加え、記述式問題についても出題する予定です。また、英語の4技能(「読む」「聞く」「話す」「書く」)を適切に評価するために英語の民間試験の成績を活用することを検討しています。
  2. 「大学入試センター試験」の成績を活用していた「センター試験利用型入試」を「大学共通テスト利用型入試」と改称し、「大学共通テスト」の成績を利用します。また、マークシート方式問題に加えて記述式問題についても合否判定に活用する予定です。