1. >
  2. > 商学部 マーケティング学科

商学部 マーケティング学科

商学部マーケティング学科

「消費者とのつながりを考え抜く」

モノやサービスの特性を生産者が市場を通じて消費者に伝える仕組みを学びます。消費者のニーズをつかみモノを売るには何が必要なのか、効率的な物流システムはどうあるべきかなど最新の経済動向を探りながら研究します。
革新的な事業を創造する力を養う「ブランド戦略コース」、ニーズを掴みつつ、生産拠点から消費者の手に渡るまでのルートや流通の仕組みを大きな枠組みで考える「流通ビジネスコース」の2コースから選択できます。

学びのポイント

学んだ知識を現場で生かし、社会人として必要な力を身につける

企業、地域と連携しリアルなマーケティングを学びます。

基本的なマーケティングの知識や考え方を習得しながら、実際に商品を企画し、地域と連携して新商品の企画開発や販売促進に取り組むプログラムに参加します。たとえば地元産のワインを使った新商品のパンの開発や紅茶の売り上げをさらに伸ばすための販売促進方法の提案や、地元のバス会社の新しい路線を考えて地域活性化に貢献する試みなど、多彩なプログラムのなかから実際にマーケティングの手法を学んでいきます。調査し体験して試行錯誤するなかで得た、講義だけでは得られない経験を積み重ねます。顧客の立場で考えるというマーケティングの基本が習得でき、社会人として大事なコミュニケーション力、プレゼンテーション力が育ちます。

  • 先輩たちに聞いてみました!流科大の良いところ!
  • 教員インタビュー

マーケティング学科コース紹介

ブランド戦略コース

どうすれば、価値ある商品・サービスを顧客に届けられるか。

現代のビジネスにおけるマーケティングの重要性はどのような局面でも常に強調されます。この重要性に対応すべく、消費者行動を理解したうえで、新たな製品・商品の立案・企画に深く関われるような人材を育てます。

主な進路

製造業、広告業、小売業、卸売業などが進路先となります。そこでは、商品企画、広報・販売促進、営業の活動に関わることが想定されます。

カリキュラム

流通ビジネスコース

どうすれば、便利で楽しい買い物ができる流通の仕組みを作りだせるか。

流通・小売・物流の仕組みについて学生が直感的に分かっている以上の深い理解に導きます。積極的に流通ビジネスに関与しようとする学生にとっては、小売ビジネスの大きな魅力に気づき、その魅力に取りつかれるでしょう。

主な進路

小売業、卸売業、物流業などが主な進路先となります。製造業、サービス業であっても小売りに関連する業務が付随するケースも多く、進路先となることもあります。

カリキュラム