1. >
  2. > 商学部 マーケティング学科

商学部 マーケティング学科

商学部マーケティング学科

売れる仕組みを考える。

モノやサービスの特性を生産者が市場を通じて消費者に伝える仕組みを学びます。消費者のニーズをつかみモノを売るには何が必要なのか、効率的な物流システムはどうあるべきかなど最新の経済動向を探りながら研究します。
革新的な事業を創造する力を養う「マーケティングコース」、ニーズを掴みつつ、生産拠点から消費者の手に渡るまでのルートや流通の仕組みを大きな枠組みで考える「流通システムコース」の2コースから選択できます。

学びのポイント

学んだ知識を現場で生かし、社会人として必要な力を身につける

企業、地域と連携し、リアルなマーケティングを学びます。

基本的なマーケティングの知識や考え方を習得しながら、実際に商品を企画し、地域と連携して新商品の企画開発や販売促進に取り組むプログラムに参加します。たとえば地元産のワインを使った新商品のパンの開発や紅茶の売り上げをさらに伸ばすための販売促進方法の提案や、地元のバス会社の新しい路線を考えて地域活性化に貢献する試みなど、多彩なプログラムのなかから実際にマーケティングの手法を学んでいきます。調査し体験して試行錯誤するなかで得た、講義だけでは得られない経験を積み重ねます。顧客の立場で考えるというマーケティングの基本が習得でき、社会人として大事なコミュニケーション力、プレゼンテーション力が育ちます。

  • 先輩たちに聞いてみました!流科大の良いところ!
  • 教員インタビュー

マーケティング学科コース紹介

マーケティングコース

「モノが売れる」を仕掛けたいなら

常に世の中に発売される新商品。マーケティングを学び、消費者のニーズをつかみ、ヒット商品を生み出す方法や、その市場戦略を学びます。

たとえば将来は・・・

■企業のブランド戦略部門

消費者に「オンリーワン」の存在であることを認知してもらう戦略を担当する部門。商品企画、営業、プロモーションなど幅広く関わります。

カリキュラム(マーケティングコース)

流通システムコース

激動する流通ビジネスに挑戦したいなら

企業が生産した商品・サービスを私たち消費者が手にするまで、どのようなルートで届くのでしょうか。その最先端の流通や物流の仕組み・システムを学びます。

たとえば将来は・・・

■商社勤務

メーカーと小売業者の間に立って、モノとモノのスムーズな受け渡しを手伝います。金融活動や情報のやりとりにも重要な役割を果たします。

カリキュラム(流通システムコース)