1. >
  2. >
  3. > 教員インタビュー

教員インタビュー

商品が世界中に短期間で届くことが求められる現代では、物流システムの効率化がますます重要となっています。森ゼミでは、フィールドワークを行なうことで物流システムの全体像や重要性に対する理解を深めるようにしています。「物流関連ゼミ学生による研究発表会」に参加し、「物流ビジネスの視点から買物難民問題解決策」を提案。食料等の日常の買い物が困難な「買物難民」が過疎化、高齢化に伴い増加の一途をたどっていることが今、深刻な問題となっています。ゼミでは、地域のスーパーと提携して移動スーパーを運営している徳島の「とくし丸」などを取材。そこで得た結論は「ラスト1マイルのこだわり」でした。これはスーパーから販売委託された元請会社が拠点までトラックで運び、そこから販売パートナーがバイクで各消費者の玄関先へ届けるといったアイデア。このビジネスモデルは高い評価を受けました。

アクティブラーニングの一環としてプレゼンに参加!
「物流関連ゼミ学生による研究発表会」