1. >
  2. > 経済学部 経済学科

経済学部 経済学科

経済学部経済学科

広い視野でリアルな経済を学ぶ。

地域と世界、公と民など複眼的な視点で経済をとらえます。経済学の基本的な考え方や知識を学びながら、具体的に政治や社会の動きを見据えて、グローバルな視点から日本の経済がどのように変化していくのかを研究します。
広い視野から経済を見通す力をつける「現代経済コース」、地域社会の未来のニーズに応えるための「地域まちづくりコース」の2コースから選択できます。

学びのポイント

教員と学生との双方向の授業で理解力・プレゼン力を高める

双方向の授業でプレゼン力を育成します。

経済を通じて物事の基本になる原理を学ぶ学問が経済学です。どんな分野にも応用できる考察力が身につく、魅力ある学びです。授業は、「円高・円安」「アベノミクス」「格差」など現代の経済情勢や地域の諸問題について新聞やニュース番組を見ながら学び、学生がお互いに意見を述べ合ってディスカッションを重ね、まとまった意見を発表するという構成で行われます。講義を聴くだけでなく、自分で考えて意見を述べるという、教員と学生との双方向の授業を行うことで、経済や地域の問題を身近に感じることができ、自然にプレゼンテーション力が身につきます。テーマの論点をとらえて核心を理解し、最善の対策を考えることのできる人材を育成します。

  • 先輩たちに聞いてみました!流科大の良いところ!
  • 教員インタビュー

経済学科 コース紹介

現代経済コース

どうすれば、必要なところにお金と人を回せるのか

経済のグローバル化や少子高齢化、技術革新などにより、現代社会は常に変化を続けています。また財政や金融についての理解もたいへん重要です。現代経済コースは世の中の動きを理解して、社会の諸問題に解決策を提案できる人材を育成します。

主な進路

公務員・金融業・流通小売業などさまざまな業種の経営・企画・管理部門が進路先となります。

カリキュラム(現代経済コース)

地域まちづくりコース

どうすれば、住みやすく活力あるわが町にできるか

地域社会の専門的知識や情報収集・分析の技能を習得し、現実の課題を取り扱う学びを実践することで、複雑で多様化する地域社会を理解する力を身につけます。そこに存在する問題や課題について、経済・地域・情報のさまざまな専門知識を融合して分析し、解決策を提案できる幅広い応用力を育成します。

主な進路

公務員、運輸業、建設・不動産業、流通小売業など安心・安全・快適な社会の創出に関わる職業が進路先となります。

カリキュラム(地域まちづくりコース)