1. >
  2. > 経済学部 経済学科

経済学部 経済学科

公と民、地域と世界など、
複眼的な視点で経済をとらえる。

現代社会における経済・地域課題への実践的取組みを通じて、机上だけではわからないリアルな経済を学べる学科です。地域社会に貢献という意味では、ビジネスパーソンだけでなく行政、消防・警察など公務員への選択肢も広がります。広い視野から経済を見通す力をつける「現代経済コース」、地域社会の未来のニーズに応えるための「地域まちづくりコース」の2コースから選択できます。

トレンドセンサー

「円安」と「円高」どっちがトク?!

例えば1ドル=100円を基準に円安と円高を考えてみます。1ドル=110円は、1ドルを手に入れるのに10円余計に必要になったので「円安」(ドルに対して円の価値が下がった)。1ドル=90円は、1ドルを手に入れるのに10円少なくて済むようになったので「円高」(円の価値が上がった)。「円安」でトクをするのは、輸出企業と日本を訪れる外国人旅行者。ソンをするのは、輸入企業と海外旅行先でお金を使う日本人。「円高」は、その反対ということになります。日本の産業構造は、従来型の原材料輸入・製品輸出の形に加えて、海外に設備投資して収益を得る形も増えています。影響は短期と長期でも異なり、一概には言えません。問題なのは円安、円高を問わず急激に変動すると、企業であれ個人であれ対処が難しいので、緩やかな変動が望ましいと言えます。

このような交換レート(為替)の変動が起きる原因や日本経済に与える影響等を明らかにしたりするのが、経済学部の学びのひとつです。

  • 私の4年間の成長ストーリー
  • 教員インタビュー

コース紹介


カリキュラム(現代経済コース)

カリキュラム(地域まちづくりコース)