1. >
  2. >
  3. > 学生インタビュー

学生インタビュー

経済部 経済学科

先輩たちに聞いてみました!流科大の良いところ!先輩たちに聞いてみました!流科大の良いところ!

田野岡 真粋 2年 高知県立高知小津高等学校出身
のびのびと学べる環境

流科大は就職率が高く、奨学金制度も充実していて、学生がのびのびと学生生活を送る環境が整っていることが魅力です。神戸で学生生活を送れることに憧れたというのも、私が流科大に入学した理由の一つです。
おもしろいと感じた授業は『キャリア基礎論』。人事の仕事を長年経験した先生から採用現場の話を聞けたことで、就職活動のモチベーションが上がりました。
今熱心に取り組んでいることは「オープンキャンパススタッフ」。オープンキャンパスに来た高校生たちに、流科大の良さを発信しています。この活動を通してコミュニケーション力が培われました。



中村 美緒 2年 私立神戸星城高等学校出身
さまざまな人と交流できる

上田真由美先生のゼミで経済情報学を学んでいます。プログラミングがどのように暮らしに役立っているのか、さらに暮らしに役立てるにはどうすれば良いかなど、プログラミングが暮らしを豊かにする仕組みについて考えるのが楽しいです。
学びを深めていくなかで小売業に興味を持ち始めたため、現在は百貨店に就職したいと考えています。
部活動では吹奏楽団で活動し、フルートを担当しています。先輩、後輩が一緒に演奏できるので楽しいです。この大学でたくさんの友人ができました。学部学科を超えて幅広く交流できるのが流科大の魅力です。



岡本 伊織 2年
私立神港学園神港高等学校(現 神港学園高等学校)出身
手ごたえのある学び

この大学でならやりたいことが見つかると感じました。就職に強いところも魅力的だったので志望しました。
経済情報学の授業ではグレードの高いパソコンスキルの習得ができ、暮らしに生かせる実用性の高い情報技術を学べていることに手ごたえを感じています。
勉強以外ではバスケットとフットサルのサークル、クラブチームでスポーツを楽しんでいます。また、アルバイトのファッションモデルの仕事にも力を入れています。最近「服の着こなしを通して表現することの面白さ」が分かるようになってきました。将来はモデルの仕事をさらに深めながら、自分の個性を生かせる仕事に就きたいと考えています。



近石 宙暉 2年 兵庫県立加古川北高等学校出身
自然と勉強に熱が入るカリキュラム

経済学を広く学びたいと思い、流科大に入学しました。奨学金制度や公務員試験対策講座のカリキュラムがあることも魅力でした。取得した資格が単位として認定されるので自然と勉強に熱が入ります。
部活動は中学から始めた陸上競技を大学でも継続。入学してから記録が伸び、2016年は「関西学生陸上競技種目別選手権大会・400mハードル」で4位入賞を果たし、達成感を味わいました。将来は公務員か金融関係の仕事に就きたいと考えています。また、スポーツ関係の仕事にも関心があります。2年後期に『キャリア基礎論』を受講して将来の道を模索しています。

※学年等は取材当時のものです。