1. >
  2. > 人間社会学部 人間健康学科

人間社会学部 人間健康学科

健康をキーワードに
人間の生活を科学する。

ますます高齢化社会が進む現代日本において、さらなる需要が高まる健康分野を幅広く学べる学科です。健康をキーワードに人間の生活を科学することで、健康関連産業やスポーツ関連産業で求められる能力が身につきます。健康ニーズを経営に活かすマネジメント力をつける「健康マネジメントコース」、スポーツを通じて直接を楽しませる対人能力を養う「スポーツ健康コース」の2コースから選択できます。

トレンドセンサー

ランニングブームは衰えず・・・!?
市民マラソンは、全国で300大会以上も!

主な大会の応募者数をみると、トップの東京で約30万人、大阪は13~14万人、神戸は約8万人となっており、直近の数年間では大きな変動はなく、ほぼ横ばいのようです。ランニングブームが続いているとすれば、応募者数が毎年増えても良いと考えられますが、あるスポーツメーカーの調査によると、実は脱落組が意外と多く、やめた方の約7割が半年も続かなかったとか。頑張りすぎてペースがつかめず、燃え尽きてしまうパターンです。しかし、応募者・参加者とももっと増えてほしいものです。マラソン大会は“地域起こし”のビッグイベントでもあるからです。

“ムリなく!楽しく!”続けられる運動をつくりだしたり、“スポーツを通じて地域の活性化”を考える、これも人間社会学部の学びのひとつです。

  • 私の4年間の成長ストーリー
  • 教員インタビュー

コース紹介


カリキュラム(健康マネジメントコース)

カリキュラム(スポーツ健康コース)