1. >
  2. > 人間社会学部 人間健康学科

人間社会学部 人間健康学科

人間社会学部人間健康学科

「健康」を科学的に探る。

健康をキーワードに人間の生活を科学的にとらえます。身体の仕組みや、スポーツの重要性、心身の健康を維持するための知識を習得し、人々が健康であるためにできることは何かを考え、社会に発信する方法を探求します。
健康ニーズを経営に活かすマネジメント力をつける「健康マネジメントコース」、スポーツを通じて直接を楽しませる対人能力を養う「スポーツ健康コース」の2コースから選択できます。

学びのポイント

人々の健康や豊かな生活に貢献できる、企業で活躍できる人材の輩出

運動の楽しさを社会に発信できる人を育成します。

スポーツの技術や知識を使って、人々の健康と運動をサポートする人材を育成するのが、この学科の目的です。運動理論を学ぶとともに、学科内のレ­クリエーション大会の運営を行うなど自分たちでイベントを作る過程を学びます。また、「レクリエーションインストラクター」「健康運動実践指導者」の資格取得に向けての実技演習や、地域住民の方を対象にした『地域ボランティア演習』などの授業を行うなかで、体を動かすことで人の心を和ませ楽しさを引き出す方法を実践的に学びます。今後、ますます健康ビジネスの需要は増えていくと思われます。コミュニケーション能力を培い、実際に体験する生きた学びが本学科の特徴です。

  • 先輩たちに聞いてみました!流科大の良いところ!
  • 教員インタビュー

人間健康学科コース紹介

スポーツマネジメントコース

どうすればスポーツビジネスを盛り上げることができるのか

健康に関する社会現象や社会問題を観察・評価・分析、さらに人々の健康の維持・増進に関するマネジメント能力の修得を目指します。健康的で豊かな社会を実現するための手法を探ります。

主な進路

健康・スポーツ・生活県連企業、スポーツ・レジャー関連の公的機関・企業などが進路先となります。

カリキュラム(スポーツマネジメントコース)

スポーツ健康コース

どうすればスポーツを通じて人々の健康を実現できるか

スポーツを通して社会で役立つ対人能力やリーダースキルを学びます。近年では、生活習慣病の予防など健康であり続けることがスポーツの重要なテーマとなっています。スポーツや身体を動かす楽しさを伝え、実践的に指導できる力を育成します。

主な進路

スポーツインストラクター、消防士・警察官・自衛官、健康増進関連施設などが進路先となります。

カリキュラム(スポーツ健康コース)