1. >
  2. >
  3. > 学生インタビュー

学生インタビュー

人間社会学部 人間健康学科

先輩たちに聞いてみました!流科大の良いところ!先輩たちに聞いてみました!流科大の良いところ!

井上 健太 3年 尼崎市立尼崎高等学校出身
流科大ならではの実践的な授業

バスケットボールを続けられる環境を求めて入学しました。授業は高校時代とは違い、実践的な授業が多く、運動や健康について深く学べていることに手ごたえを感じています。
流科大の良いところは、人間関係がとても密なところだと思います。たくさんの友人ができ、人脈が広がったこともこの大学での収穫の一つです。
最近は就職に向けて、SPI対策講座を受講したり、大学主催の就職ガイダンスに毎回参加するよう心掛けています。将来はまだ明確ではありませんが、何か人と違うことができる仕事に就きたいと考えています。起業することも選択肢の一つです。



近藤 陸 3年 徳島県立城東高等学校出身
好きなことが続けられる場所

小学生の頃から続けているバスケットボールを大学でも続けたかったこと、就職に強いと聞いたことが志望理由です。授業では大勢の人の前に立って話す機会も多く、自分の意見を正確に伝えるコミュニケーション能力が鍛えられました。特に興味深かった授業は『地域ボランティア演習』です。地域の高齢者の方と一緒にレクリエーションをしたのですが、今後のスポーツのあり方を考えるうえで勉強になりました。
将来に関してはまだ模索中ですが、バスケットボールは続けていきたいと思っています。

※学年等は取材当時のものです。