1. >
  2. > 学生インタビュー 竹國 連太朗

学生インタビュー 竹國 連太朗

自分を鍛える
最高の環境

竹國 連太朗 1年
神戸市立科学技術高等学校出身

流通科学大学を選んだ理由を教えてください。

父が経営する会社を継ぎたいと思い、「実学」重視の流科大を選びました。また、教員になることへのあこがれもありました。私の入学年度(2015年度)から教員免許の取得をめざせるカリキュラムが導入されることを知り、まさに自分に最適の環境だと思い、入学しました。

「なりたい自分発見カリキュラム」で
一番印象に残っていることは何ですか?

「コミュニケーションキャンプ」が、とても印象に残っています。ゲーム感覚で楽しめる課題解決に取り組んだことはもちろん、寝食を共にすることで、自分のクラスだけでなく、他のクラスの人とも仲良くなることができました。
高校までの自分は積極的になれず、人が話しかけてくれるのを待つタイプでした。しかし、キャンプでのさまざまな課題解決に取り組むなかで、自主性が引き出され、自分から積極的に行動できるようになりました。ここで培った力は現在、オープンキャンパススタッフの活動にも活かされています。

「なりたい自分発見カリキュラム」を通して
得られたことや、今後の目標を教えてください。

「なりたい自分発見カリキュラム」の授業では、課題に取り組んだ後に必ず、当日の活動を各自で「振り返り」、反省点などをグループ内で「分かち合い」、成果を「発表」します。コミュニケーションキャンプでのグループの「振り返り」では司会進行役を務め、意見を引き出し、まとめる大変さを学びました。
行動→振り返り→分かち合い→発表」の習慣を身につけることで、普段の授業でもしっかりと学びを深めていくことができると思います。経営学の学びにも活かし、将来は経営者として社員を引っ張っていける人になりたいと思っています。

「なりたい自分発見カリキュラム」の詳細はこちら

※学年等は取材当時のものです。

Profile
竹國 連太朗

「なりたい自分発見カリキュラム」での学びを通じて、受け身の思考から脱却。積極的になれる自分を発見し、たくさんの友達と大学生活を楽しんでいる。現在はオープンキャンパススタッフとしての活動にも力を注いでいる。